FPときどき薬剤師

保険、医療、健康分野を中心に、人生に役立つ情報を提供していきます。

平成30年診療報酬改訂(医科の薬局関連)

今度の改定で、今薬局で準備するのはジェネリック医薬品ですよね。薬局勤務の方は、現在ジェネリック推進に力を注いでいることでしょう。

我が薬局でも、84.5%ともう少しで85%になるので、毎日この数字を見ています。

薬局の改訂の大枠は前回ご紹介しましたので、今回は、医科の項目でも薬局に関係している項目を紹介していきます。

一般名処方加算

従来から、この加算はありましたが、推進に拍車をかけるべく、医師側にもにんじんをぶら下げる形となりました。この加算は、院外処方箋に一般名処方をいれると取れる加算であり、一般名処方加算1はすべての医薬品が一般名であり、加算2は一品目でも一般名ならとれる加算です。ちなみに、加算1は3点→6点、加算2は2点→4点と倍になっています。処方枚数1000枚のところとなると、加算1で6万円の利益増・・・、あなどれません。今後、一般名処方が増えてくるでしょう。

小児抗菌薬適正使用支援加算

今回新設の加算で80点です。算定要件は下記の通りです(原文)

「急性上気道感染症又は急性下痢症により受診した小児であって、初診の場合に限り、診察の結果、抗菌薬投与の必要性が認められず抗菌薬を使用しないものに対して、抗菌薬の使用が必要でない説明など療養上必要な指導を行った場合に算定する。」

つまり、子どもの風邪に対して、抗菌薬を処方しなかったら加算できるということです。最近では、風邪に対する抗菌薬を使用しないとする医師は多いです。なぜならば、風邪の原因はほぼウィルスですので、抗菌薬は効きません。ではなぜ投与するのか?それは、ごくわずかな可能性の細菌による風邪と肺炎予防です。

未だにこの抗菌薬を使用する医師がいるので、いよいよ政府も使用しないようにし始めたのです。なぜ使用してはいけないのか?それは耐性菌の増加です。

今回の改訂では、子どもだけなのが不思議ですが、今後は大人も対象となってくるでしょう。

ヘパリンナトリウム・ヘパリン類似物質の適正使用

いわゆるヒルドイド軟膏です。皮膚科で美容目的で使用しているケースが多く、保険で使用するのを防ぐのが狙いです。すでに、保険で削られている所があるそうです。保険適用はあくまでも治療が目的です。美容目的を税金でまかなうなんて、それは是非やめていただきたいものです。

向精神薬の適正使用

今までもありましたが、範囲の拡大と減算です。具体的には、3種類以上の抗不安薬睡眠薬抗うつ薬・抗精神薬を処方した時の処方料30点→28点。この上記の3種類以上の条件に、4種類以上の抗不安薬+睡眠薬も追加。

また、以前からあった7種類以上の投薬は、処方料40点と点数は変わりないが、一つの条件が追加されました。それは下記の通りです。

12ヶ月以上、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬睡眠薬を処方している場合

ちなみに、6種類以下の処方料は68点です。

向精神薬をむやみに使用しないように強化されているのでしょう。まあ、一度中止して、また出すような形をとるところも増えるかもしれませんけど・・・。

 

以上ですが、ざっと薬局に関わる項目を取り上げてみました。

薬局的には、薬代を減らそうという改訂ですね・・・、まあ当然ですが、薬局も厳しくなりますね。