FPときどき薬剤師

保険、医療、健康分野を中心に、人生に役立つ情報を提供していきます。

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」には注意が必要です!

最近話題の個人型確定拠出年金ですが、自分も入るかどうかの検討もするため、色々と調べてみました。肯定的な事を書いているのをよく見ましたが、色々と注意も必要なことがあることがわかりました。

 

 個人型確定拠出年年金の概要

詳しく書くと長くなるので簡潔に説明しますと、自身で掛け金(限度額あり)を決めて、それを運営管理機関(金融機関等)の金融商品に投資し運用します。60歳を過ぎると、その運用したお金を年金としてもらいます。

 

個人型確定拠出年金のメリット

  1. 掛け金が全額所得控除できる
  2. 運用益に税金がかからない

1について、どのくらいお得なのか、具体的な数字で表すと

年収600万円の人が、月2万円を拠出したら、年間24万円拠出に対して、年間約4万8千円(約20%)返ってきます。

2について、通常の運用益には税率20%かかります。

 

個人型確定拠出年金のデメリット

中途解約が困難である

 

まずは所得控除から検証

これだけを見ると、とてもお得に見えます。ただ、まず私が気になったところは、所得控除の金額です。本では、「年間20%も利益が出るなんてすごいですよね、銀行に預けたら金利が0.01%ですから」と書いてありました。確かにそうですが、比べる%が違います。そもそも、この20%は初年度だけです、年利でもないのです。

具体的にいいますと、20年上記の条件で運用すると

拠出合計金額 20年×24万円=480万円

所得控除による金額 20年×4.8万円=96万円

年利計算すると(そういうサイトがあります)約1.1% この%を金利と比べるべきです。このからくりは、2年目になると、拠出金額48万円に対して、控除が4万8千円、3年目になると、拠出金額72万円に対して、控除が4万8千円と・・・、拠出合計金額は増えるが控除額が一定なためです。ただ、銀行金利と比較すると差がありますが、保険商品と比較したら、そんなに変わりがないと思います。

 

運用益を検証

運用する運営管理機関では、様々な商品ラインナップがあります。リスクが大きいものから、小さいものまで。なので、原資がプラスにもマイナスにもなります。また、運用する際には手数料もかかります(0円の所もあります)。本では、運営管理機関は、プロの投資家ですので、運用を期待してもよいと書いてありました。証券会社の友達に確認するも、プロでもなかなか困難だと。それに、変に無税と思い、リスクのある商品に手を出して、損を出しそうです。

 

デメリットを検証

これが一番私が気になったところです。途中解約はかなり厳しい要件があり、ほぼ出来ないようなっています(投資金額は途中で変更可能)。運用をしていく上で、一番困るのがこれです。人生、何が起こるかわからないので、このリスクはかなりきついです。せめて、10年投資したら、途中解約できるとかないと・・・。

 

個人年金保険と比較

本では、「個人年金保険より、当然こちらの確定拠出年金がいいと。理由は、個人年金保険の積み立て利率が過去最低であるため」と書いてあったので、自身の個人年金保険と比較してみました。

私は、三井生命さんのドリームフライト(外貨建て)を昨年から加入しています。

外貨建てなので、日本円に換算して比較します。

ドリームフライト(20年)

最低保障積立利率 2.0% 年間所得控除金額効果 約1万円

累計投資 264万円 返戻金額 307万円   返戻率 116%

確定拠出年金(20年)

運用利率 プラスマイナス0 年間所得控除金額効果 約4.8万円

累計金額 480万円  返戻金額 576万円   返戻率 120%

返戻率は少し確定拠出年金の方が上ですが、ドリームフライトは現在の積立は2.6%です。あくまでも、最低保障で計算していますので、トータルは同等か上回ると思います。

また、ドリームフライトは、10年積立すると、解約しても損はしません。解約も自由です。

比較すると、私にはとても確定拠出年金がいいとは思いません。

運用に長けて、それをプラスにもって行ける人ではないと、確定拠出年金の良さがでないかもしれません。